緊急事態宣言下の医療コミュニケーションを情報面でサポートします!
ダウン症のあるヨコハマのくらし
多様性を認め合う社会へ
緊急事態宣言下の医療コミュニケーションを情報面でサポートします!
ダウン症のあるヨコハマのくらし
多様性を認め合う社会へ
ブライアン・スコトコ先生講演会
ブライアン・スコトコ先生講演会

多様性を認め合い、
力を発揮できるレジリエントな
社会づくり

ヨコハマプロジェクトは、ダウン症のある人を知るイベント開催をきっかけに発足した、
「多様性」をコンセプトに活動する団体です。
私たちは、障がいのある人もない人も、互いを認め合い、ともに力を発揮できる社会づくり、
そして、逆境を成長につなげられるレジリエントな社会づくりへの貢献をめざし、横浜を拠点に活動しています。

ヨコハマプロジェクトでは、以下三つの事業を中核に活動を行っています。

ふれあう

SENSE

[ ふれあい・交流事業 ]

ツナガリウォーク等、
ふれあい、交流

伝える

COMMUNICATE

[ 情報伝達事業 ]

『ダウン症のあるくらし』冊子作成・
配布プロジェクト、学会での活動報告

学び合う

THINK & INNOVATE

[ 学び合い事業 ]

世界に通用する変革リーダーから
ソーシャルインクルージョンを学ぶ
講演会や勉強会の開催

NEWSお知らせやイベント開催の情報など

REPORTイベントや講演会・勉強会等の活動報告

おうちのくらしのーと

  • こんな時だからこそ、笑顔ですごせるように

    Vol.46

    2021.1.15

    コロナウイルスにかんせんした人がふえているみたい。
    なんだかこわいです。

    みぢか☆しゅう

  • 「困った」を「大丈夫」にかえるヒント

    Vol.8

    2020.12.1

    こどものころ、冬になると、ゆびさきが切れて血がでたりはれてかゆくなる「しもやけ」ができたりしてたんだ。かゆいし、いたいし、いやっだったなぁ・・・

    みぢか☆しゅう

おうちのくらしのーと発行にあたり